ろう付け技術

ろう付けとは、部品と部品の隙間に「ろう」と呼ばれる熔解温度の低い材料を流し込み、部品同士を固着させる接着技術です。
Yutakaでは、ろうの材料に「銅」を使用して、トルクコンバータ内のブレードを接着しています。

トルクコンバータの性能を左右するろう付け精度

トルクコンバータは、特殊なオイルで満たされ、内部にブレードの付いている容器が高速で回転することでエンジンのトルクをミッションに伝達する部品です。
ろう付けの精度が、トルクコンバータの性能に直結しています。

大切な炉の管理と新たな取り組み

ろう付けは液体が隙間に入っていこうとする毛細管現象を巧みに利用した接着技術です。
そのために最も重要なのは炉の管理。定期的なメンテナンスが欠かせません。また、年々小型化するトルクコンバータに必要充分なだけのろうで接着し、設計の要件を製品に反映できるように日々工夫を凝らして対応を続けています。