カシメ技術

スポーツタイプの二輪車に使われるブレーキディスクはフローティングタイプが主流で、ディスクとハブが特殊なカシメで繋がっています。
フローティングディスクは、制動時に発生する大量の熱によるローターのゆがみや変形を最小限にし、ブレーキ性能を保つことができます。Yutakaでは特殊な構造を持ったカシメ技術でブレーキ性能の劣化を防いでいます。

常に安定した力でセットする

アルミ製のハブ(中心部)と、鋼鉄製のディスク(外周部分)とは、ピンで連結されています。この間をスプリング効果をもったワッシャがしっかりと支えていますが、耐久性の向上実現のために第2のワッシャを挿入しています。

小さな部品が大きな成果をもたらす

ハブとディスクは、小さな部品で連結されています。Yutakaではこの小さな部品にも形状の見直し、セットのしやすさや耐久性を検討し、レースでの使用にも大きな成果をもたらしています。