プレス技術

厚さ6.0mmもの高張力鋼板を精密に成型するYutakaのプレス技術は、金型、プレスマシン、オペレータの三位一体により実現しています。国内で培われたプレス技術は海外工場にも伝えられ、世界のYutakaグループの製品を支えています。

プレスの品質は製品に直結する

製品加工の初工程がプレス加工です。少しでも精度に問題を抱えたプレス品では、後工程のどこかにかならずしわ寄せを生じてしまいます。そのため、セットされる金型にも細心の注意が必要です。金型を長く持たせ、かつセッティングの時間をいかに短く行うかがオペレータの力量です。

スピードの追求

Yutakaでは、金型を製品精度の面からだけでなく、コストの面からも検証しています。いかに効率よく生産を行うかが、高価なマシンとイニシャルコストが最もかかる金型を有効に活用するポイントだからです。 金型設計と金型素材の選定、プレスマシン能力とのマッチングを追い求め、より速いプレススピードを実現しています。