溶接技術

溶接には様々な種類がありますが、Yutakaでは主にアーク溶接、抵抗溶接、レーザー溶接の3種類を製品別に使い分けています。
部品の形状や、溶接の特徴を見極め、精度と溶接強度を高い次元で両立させています。

アーク溶接
レーザー溶接
抵抗溶接

溶接ポジションの重要性

高精度の溶接を行うためには、溶接ロボットの作業スピードと部材の位置、角度を調節するポジション制御技術が最も重要です。
Yutakaは、排気部品などの複雑な形状も熟練オペレーターのセットアップ技術で早く、正確に溶接しています。

溶接精度を支えるプレス精度

溶接は母材同士を接着する技術ですから、元々の部品精度が溶接の仕上がりを左右します。
Yutakaの高精度な金型と高いプレス精度が、美しくかつ強固な溶接を可能にしています。