高精度シュリンク技術

自動車の排気ガスを浄化するキャタリストという特殊なセラミック触媒を、優しくかつ確実に包み込む技術です。
Yutakaでは、個々のキャタリストを一つずつ計測し、最適な保持力となるように包み込む径を可変させて、一定の圧力で高精度に包み込んでいます。

キャタリストの性能を最大限引き出す

排気ガスの浄化に欠かせないキャタリストは、包み込む際に破損したり、ケースとの隙間による担体移動で破損するなど、デリケートな部品です。豊かな経験に基づいた確実な技術で最適な保持力を見極め、壊れやすいキャタリストを適格に保持します。

微妙な違いを見極める

キャタリストはいわば瀬戸物。製品には微妙なサイズのばらつきがあります。Yutakaではこの違いを瞬時に自動計測しています。

柔軟な応用力

小型化と高性能の両立が進む自動車業界。排気系部品もさらなる効率化と高い排気ガス浄化性能が求められています。Yutakaの高精度シュリンク技術は、2つのキャタリストを一つのシェルで包み、かつそれぞれを最適に包み込むことも実現しました。