インデックス加工

インデックス加工とは、Yutaka独特のブレーキディスク加工技術のことです。円形のブレーキディスクの形状に着目し、製品センターを中心に回転させながら各部の穴や内周形状を加工する手法です。
総抜き加工に対し、金型が小さくコンパクトになり金型投資が少なくて済む為、国内の多機種少量生産のコスト競争力に大きく貢献しています。

製品を回す?

従来、プレス加工する際には製品はステージ順に送られることはあってもその場で回すことは考えられませんでした。ブレーキディスクは円形ですから、小さな金型を固定して、製品を回せば加工できるのでは無いか?と考えついたのです。

金型コストが1/10に!

従来のディスク用金型は、縦1.0m×横2mもの巨大なものでした。これに対し、インデックス加工に必要な金型は1/10程度のサイズ。ベースの金型の部分を入れても、そのコスト削減効果は絶大なものになりました。

多品種への柔軟な対応

インデックス加工のメリットは、ブレーキディスクの多機種少量生産への対応力です。ベース部分が同じで、ピアス(ディスク外周の小さな穴)だけが違う場合は、その部分だけの小さな金型変更で即座に対応が可能になりました。