サステナビリティ基本方針

Yutaka サステナビリティポリシー

  • 現在のCSR展開をより統合的な視点で展開する
  • 日本の主導により基本活動をグローバル展開し、Yutakaグループ全体のレベルアップを推し進める

Yutakaのめざす姿
「社会から信頼され、存在を期待される企業になる」

取り組み内容について

E:環境

  • 環境の長期戦略、重要課題
  • 環境方針、マネジメントシステム
  • 環境データ
  • ライフサイクルでの取り組み
  • 気候変動戦略
  • 低炭素への取り組み

S:社会

  • 企業の長期戦略、重要課題
  • 品質、安全
  • 社会領域の報告
  • 労働慣行と人権
  • 人材開発
  • 優秀な人材活用
  • 従業員の健康と安全衛生
  • 社会貢献

G:ガバナンス

  • 行動規範
  • コーポレートガバナンス
  • コンプライアンス、腐敗防止
  • リスクマネジメント
  • ブランドマネジメント
  • サプライチェーンマネジメント

Yutakaはサステナビリティの概念に則り、CSR(企業の社会への影響に対する責任)とESG(企業の長期的な成長のために必要な観点)を全てのステークホルダーに対する適切な情報開示と対話を基本とし取り組んでいきます。
E:環境、S:社会、G:ガバナンスの各取り組みを推し進めることで、より統合的な視点で展開していきます。

Yutaka行動規範(PDF)